株式会社進和

❶ 接合
21世紀に入って環境に優しいハイブリッド車、電気自動車などの開発が進んでいます。
電池やモーターといった車載ユニットには銅を材料とする部品が採用されており、非鉄金属の溶接、切断が得意なブルーレーザ、グリーンレーザの実験設備を導入しました。
接合
接合
❷ 塗布
接着剤はモノづくりに欠かせない接合材料の一つです。
粘度の高い接着剤や、半導体製造工程で利用される液剤の塗布など、塗布の仕方も多様に広がっています。
自動車からスマートフォンを製造する工程まで。液剤を塗布する設備がこのエリアのテーマです。
塗布
塗布
❸ 検査
モノづくりの現場では品質の管理が重要な課題です。
作業者の目に頼る検査から、自動検査にニーズは移行しています。
高性能な画像検査、レーザ検査、X線CT検査、超音波検査などをもちいた品質判定他をテーマとするエリアです。
検査
検査
❹ IoT・ネットワーク
インターネットの発達は人と人がつながる距離や時間を短くしました。生産現場でも設備と設備、設備と部品が情報を共有する環境が整い、モノづくりの考え方が大きく変化していきます。AI(人工知能)、センシング技術、ネットワークといったIoT・情報管理ツールをご紹介するエリアです。
IoT・ネットワーク
IoT・ネットワーク
❺ 物流・ピッキング
例えば自動車は小さなネジから機能部品まで約3万点の部品でできています。いろいろな部品が生産ラインに運び込まれ、設備や作業者の手に渡り組み立てられます。
今後のスマートファクトリー化に向け、無人搬送台車(AGV)やロボットピッキングシステムを体感できるエリアです。
物流・ピッキング
物流・ピッキング